相続対策

今まであなたが相続人に使った財産の状況、あなたに対する相続人の貢献度、お世話になった方々への感謝などを考慮して、遺言や相続の内容を考えましょう。

何に配慮すればよいか

配偶者に財産を譲ると相続税が軽減されます。
相続財産の分割方法を吟味することで、次の相続(二次相続)に備えることが大切です。
また、相続税の納税資金を考慮した分割方法も必要でしょう。

不動産を共有するのは避けましょう

後日、不動産を売買する際などは、関係者全員の押印が必要となり大変です。できる限り個別に特定して分けましょう。

理由と感謝の気持ちを忘れずに

法定相続分とは異なる財産の譲り方をする場合、相続人は不自然に思いますから、その理由を遺言書とは別の用紙に書いておきましょう。
遺された方々の間でのトラブルを回避するためにも、遺言書と併せて作成することが大切です。

生存中に渡す方法もあります

生存中に財産を贈与して、その人の生活を確保してあげることもできます。
少額なら贈与をすることで相続税よりも税法上有利になることがあります。(運用には注意が必要です)

代表的な相続対策

・暦年贈与(運用には注意が必要です)、不動産で贈与、配偶者特例を適用した贈与(おしどり贈与)など
・相続時精算課税制度の活用
・生命保険の活用(納税資金の準備にもなります)
・現金保持を回避し土地の有効活用、運用を行う。自宅の建て替え、改築、修繕 など
・養子縁組で相続人を増やす など

円満相続遺言支援士フェイスブックページ入会申し込み

関連するページを検索

©2015 全国相続協会相続支援センター|ホームページ制作 株式会社エイティエフ