こんな人はすぐ遺言書を!

財産が少ない人

「財産が少ない(ない)から」といって油断してはいけません。
財産が少なくても、相続時に不平や不満が表面化して争いになる場合があります。

家族、親族の仲がよい人

仲のよい兄弟姉妹が、相続を機に争うかもしれません。残された家族が争わずに財産を分割するためにも、遺言書が必要です。

健康で元気な人

将来、手が震えて書けなくなったり病いに臥せったりしてからでは間に合いません。元気な今だからこそ遺言書が書けるのです。

将来の行く末が心配な家族がいる…

家族関係が複雑な場合(相続人が先妻の子や後妻の子など)は、遺言書を書いておきましょう。

子も両親もいない人

子も両親もいない夫婦の場合、例えば、夫の相続人は「妻」と「夫の兄弟姉妹」になります。
妻は、全員の同意がなければ夫の預貯金といえども自由にならないので、要注意です。

遺言書を書いてほしい人がいる

家族に遺言書を書いてほしいと、密かに願っているのなら、あなた自身が遺言書を書いてみることです。

円満相続遺言支援士フェイスブックページ入会申し込み

関連するページを検索

©2015 全国相続協会相続支援センター|ホームページ制作 株式会社エイティエフ