公正証書遺言、全国で10万件を突破

2016年5月24日

相続をトラブルなくを安心して行うための公正証書遺言が増加しているようです。日本公証人会連合会によると、昨年は、全国で10万件を突破しました。任意後見契約も年々増加しているようです。また、移行型の任意後見契約の重要も高まっております。高年齢化の日本ではこれからも、遺言書の重要や相続に関わる士業の役割が高まると多くのメディアや専門家などでも言われております。

遺言書作成


この先は会員限定となっております

会員登録/ログインしてお読みください




相続事業、遺言書普及推進に活動していただける会員・相続相談室を募集しています。



円満相続遺言支援士フェイスブックページ入会申し込み

関連するページを検索

©2015 全国相続協会相続支援センター|ホームページ制作 株式会社エイティエフ