家族に相続のトラブルを残さないために!

2015年5月22日

家族に相続のトラブルを残さないために!すること

もし、自分が亡くなって、自分の相続で家族の絆が引き裂かれたり、家族・兄弟姉妹などでトラブルが発生する不安があるのであれば、遺言書を書くことをおすすめします。

専門的には相続専門の行政書士先生にお願いして作るのものですが、ご自分で作成できます。全国相続協会相続支援センター大沢利充 世話人代表の著書、NHK出版の「遺言セットと実習ノート これで遺言書が書ける想いが通じる」を購入して頂ければ更に分かりやすく、家族に相続のトラブルを残さないためにもご自分で遺言書を書くことができます。

遺言書は遺書ではありません

遺言書は元気なうちに家族の幸せを願って書くものです。「遺言書」は愛するものへの最後のメッセージです。「命」の奇跡をしっかりと文章に残して生きた証を後世に伝えていきましょう。大沢利充のこの著書と全国相続協会相続支援センターを日野原重明先生(「新老人の会」会長・聖路加国際病院理事長)も支援して頂いております。

大沢利充 世話人代表の著書はアマゾンで購入できます

あなたのお住まいのお近くで探せる遺言書作成の専門家はこちらから»
無料相続相談はこちらから»


この先は会員限定となっております

会員登録/ログインしてお読みください




相続事業、遺言書普及推進に活動していただける会員・相続相談室を募集しています。



円満相続遺言支援士フェイスブックページ入会申し込み

関連するページを検索

©2015 全国相続協会相続支援センター|ホームページ制作 株式会社エイティエフ