相続税改正についての情報のまとめ

2015年5月20日

相続時精算課税制度について

「相続時精算課税制度」は、贈与時に2500万円までは非課税で、これを超える部分についても一律20%の贈与税を納めれば済むという制度のため、非常に都合が良い制度のように見える。しかしケースによっては損をしかねない場合があるようです。よく税理士にご相談してください。

相続時精算課税制度について

相続無料相談»

それでは、相続時精算課税制度について学んでみましょう!


「相続時精算課税制度」とは ~詳しい知識無しでの利用はトラブルの原因~
贈与税の基礎理解 ここが使えない「相続時精算課税制度」
相続時精算課税のメリットとデメリット
相続時精算課税の選択 国税庁

相続無料相談»


この先は会員限定となっております

会員登録/ログインしてお読みください




相続事業、遺言書普及推進に活動していただける会員・相続相談室を募集しています。



円満相続遺言支援士フェイスブックページ入会申し込み

関連するページを検索

©2015 全国相続協会相続支援センター|ホームページ制作 株式会社エイティエフ