親の家業を子に継がせたい  「予備的遺言」とは

2015年9月9日

親の家業を子に継がせたい 「予備的遺言」とは

日本経済新聞のウェブ版に以下の様な記事がありました。

”父親から家業の経営を任されているAさんは、いずれは自分の長男に店を継がせたいと願っている。気がかりなのは家業に欠かせない自社株式と自宅を兼ねた店舗の不動産がすべて父親名義のままで、その父がまだ遺言を書いていないこと。Aさんには仲の悪い弟がいる。将来、自分の願い通り、家業を長男に継がせることができるか心配だ。”

トラブルを避けたいなら~

親の家業を子に継がせたい 「予備的遺言」とは


この先は会員限定となっております

会員登録/ログインしてお読みください




相続事業、遺言書普及推進に活動していただける会員・相続相談室を募集しています。



円満相続遺言支援士フェイスブックページ入会申し込み

関連するページを検索

©2015 全国相続協会相続支援センター|ホームページ制作 株式会社エイティエフ